弁護士のメリット

保険会社から示談金が提示されれば、弁護士に相談するというのが妥当な方法のようです。そして、交通事故の案件に強い弁護士に相談することをおすすめします。弁護士が介入するからこそ、裁判所基準に従って適正な賠償金額を算出することが出来、賠償金増額のための交渉を行っていくことになります。

そして、交渉の段階で、保険会社の提示する額が妥当と判断されない場合には、裁判を起こすことになります。弁護士による交渉や、裁判の結果で、賠償金が大幅に増加するケースは決して珍しいことではありません。だから、やっぱり弁護士に早く相談するモチベーションが正しいようです。

私達が用心しなければならないのは、後遺障害の慰謝料についてです。例えばですが自賠責保険基準 が1100万円だったところが、裁判基準では、2800万円となり、1級の場合、 1700万円程度の差が生まれることになります。

2級、3級などでも同じです。更に交通事故に遭ってしまった人たちが、弁護士によって得られるメリットは、適切なアドバイスを受けることが出来ることです。そして、保険会社もそれなり構えて接することになり、保険会社の態度が変わり無理を言ってこなくなるようです。保険会社との煩わしい交渉がなくなり、

示談まで保険会社のペースで進むことがなくなります。

合わせて読む:専門知識が必要