専門知識が必要

交通事故は、後遺障害の問題を考える必要があるから決して一筋縄でいかないデメリットがあります。一方では後遺症という言い方をします。後遺症と、後遺障害では何が違うというのでしょうか。「後遺症」とは、治療を続けたのに、完治がしないで、将来的に回復が見込めない身体的、精神的な症状が残っているような症状のことをいいます。

一方では、「後遺障害」というものは、交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害があり、それ以上治療を続けても症状が良くも悪くもない状態に達した後の労働能力の喪失を伴う症状と言われています。

「後遺症」の中で、要件を満たしたものを「後遺障害」として扱い、等級認定することで損害賠償請求の対象とすることが出来ます。後遺障害という言葉は、そもそも、損害を補填するために使用する言葉として考えて良いです。

医師から「後遺症は残るでしょう」と言われて、補償を受けられる「後遺障害」に該当するとは限らないということも注意をしなければなりません。後遺障害の等級認定というものは、医師に作成してもらう後遺障害診断書を主な判断材料としているのですが、この診断書を提出しさえすればよいというものではありません。

適切な後遺障害の等級認定を獲得するために、入念な準備とチェックが必要であり、法律的・医学的な専門知識も必要ですので、後遺障害については、正しい等級に認定してもらう為にも、弁護士などの専門家に依頼して相談しましょう。

TOPIC>交通事故による後遺障害の無料相談ができる【後遺障害認定アシスト】